C4DESIGN LABEL
企画住宅verycase

構 造

木造軸組+パネル ハイブリッド工法

企画住宅verycase
■2つの工法・長所の融合
設計制限を受けず、リフォームの場合も対応しやすい木造軸組工法、
そして耐震という側面では強さに定評がある2×4パネル工法、
それぞれの特徴を生かした工法となっています。

構造自体は木造軸組工法で行います。
土台、柱、梁で組上げ、しっかりとした木造軸組構造にします。
通常の軸組工法はそれに筋交いを施工するのですが、
私達シーフォーデザインレーベルでは、2×4パネル工法の強さを加えるために、
この構造材の外側に耐力壁としてパネルを張り詰め、
さらに必要とされる部分には筋交いを施工します。
これで軸組工法と2×4パネル工法の良さを合わせ持つ、
地震に強い家の構造が完成します。

木造軸組工法

企画住宅verycase
企画住宅verycase

地震に強いハイブリット工法

〜家全体で地震の力を受け止める〜

従来の木造軸組工法は、間取りの自由度に優れる反面、大地震の際、筋交いに力が集中し、破断。
結果家の倒壊を招くという課題がありました。私たちのハイブリッド工法では、家全体をパネルという「面」で支えることによって、効率的に力を分散させることができるため、間取りの自由度はそのままに、耐震性をより高めることができます。

東日本大震災、熊本地震においても、住医学研究会仕様の家は全半壊ゼロでした。

構造用集成材

企画住宅verycase

強度のバラつきが少なく
寸法安定性に優れた構造用集成材を使用

木材の長所をそのまま生かし、美しく、しかも丈夫な優れた製品として生まれたものが集成材です。集成材は、ひき板や小角材等を材料として、大筋、割れ、腐れ、反り、狂いや含水率のばらつきを取り除き、木材の繊維方向を平行にそろえて、接着をした木材です。高強度で耐火性・耐久性・断熱性に優れた均一な性能が安定して得やすいことが特徴です。その構造基準は日本農林規格(JAS)で定められています。

剛床工法

横揺れ、ねじれに強い剛床工法

企画住宅verycase
企画住宅verycase

床は構造体と強力に一体化した剛床工法を採用。24mm厚の構造用合板を直接梁に張ることで水平剛性を高めました。
これにより、地震や台風時に床面が受ける横揺れやねじれを抑制することができます。

構造用金物

企画住宅verycase

地震時の建物の揺れにより大きな力がかかる木と木の接合部に対し、強靭な耐震ジョイント金物を使用することにより、従来の木軸接合に比べ、平均2.5倍の強度を保ちます。

基 礎

~建物の荷重を分散して弱い地盤でも安心です~

安心な基礎の3大ポイント

ポイント1
地面からの湿気対策が
出来ていること
ポイント2
床下の通気対策が
出来ていること
ポイント3
鉄筋がしっかり
入っていること
べた基礎
遣り方
建物の大きさを出し、芯通りを出します
根切り
べた基礎の下部分にあたる砕石を敷く為に、土を掘る作業です
割栗・めつぶし
砕石を敷き(H=10cm)、上からランマという機械で転圧します
捨てコン
枠を組み易くし、基礎の外周部分の耐力を向上させます
配筋・枠組み
鉄筋をます目状に組みます(D13mm筋@20cm)
土間逃げ配管
べた基礎の内部に、入る部分の給水、排水の管を先行で配管します
コンクリート打設
べた基礎のコンクリート厚みは15cm(外周部の除く)になっております
布基礎
枠組み
土台の下にある基礎のことです
コンクリート打設
布基礎の巾は、15CMになります
(コンクリート設計強度・夏季24N/㎡、冬季27N /㎡)
養生
加重が掛かる為に、夏季3日、冬季5~7日乾燥させます
型枠バラシ
布基礎に、コンクリートを流し込む為の型板を外すことです

布基礎

24時間計画換気システム

当社が取り入れるトータル換気システムでは、何もしなくてもお部屋の空気を新鮮に保ってくれます。通風を促す自然換気工法に加え、留守中でも室内の空気を24時間計画換気します。
空気の入れ替えのたびに悩まされていた花粉やほこり、冷たい外気の侵入もこれにより軽減されます。また空気の入れ替えによって、カビの原因も防ぎます。
さらに床下換気扇は、床下のじめじめとした沈んだ空気を撹拌し、室外に放出するため、家を長持ちさせてくれます。ご家族の健康と家の健康。爽やかな空気が、それを実現させます。

verycaseへ戻る