C4DESIGN LABEL

Renovation

リノベーション

船橋でリフォーム・リノベーションのことならC4デザインレーベル|C4 DESIGN LABEL

C4 DESEIGN LABELの考える
リノベーション
  • リノベーションを通じて一から創り上げるのではなく最小限の制限の中で最大限に自由な選択をして、コーディネートしていく感覚で楽しくおうちづくりを進めていきます。
  • Contemporaryに基づいた
    リノベーションを行います。
  • 予算を守ります。
    お客様のご状況にあった方法を
    一緒に考えます。
  • オリジナリティあふれる
    リクエスト、
    無理難題を歓迎します。
  • ご提案することに
    労を惜しみません。
現在のリノベーション事情
~価値あるものを長く大切に使う社会を迎える 循環型の消費スタイルへ~

欧米諸国に比べ、日本の住宅はとても短命。この差は建物の耐久性の違いというよりも新築偏重の日本の住宅事情に起因しています。また十分に使える住宅を、短い年月で使い捨てにしてしまうのは経済的にも環境的にもとてもむだな事です。一方で日本の住宅の7.5戸に1戸は空き家という状況。これからは今ある住宅を長く大切に活用していくことが求められています。
ヨーロッパでは前世代からの住宅ストックを引き継ぐ為、その分住宅にかかるコストを抑えることが出来ます。また、住宅を次世代へ引き継げるということは住宅にかけたお金は貯蓄と捉えることも。ヨーロッパ人が日本人より少ない収支で、バカンスや文化へ投資するゆとりや豊かさを享受しているのは住宅を循環的に使うストック型社会だからです。

リノベーションとリフォームは
何が違うの?
リノベーションとは?

リノベーションとは、中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルにあわせて間取りや内外装を刷新することで快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。中古住宅を活用するリノベーションは、環境への負荷が少ないことも大きな特徴です。
既存のマンションや建売住宅なら、どれも似たり寄ったりで無難な内装になってしまっていることが多く、内装に強いこだわりがあり、自分好みの内装を選びたいという方にはリノベーションがおすすめです。

リフォームとは?

一般的にリフォームとは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マンションやアパート場合には、入居者退去後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われたりします。
なお、英語では「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化している部分を直したり、綺麗にしたり、新しくすることを指します。
マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチン設備の変更、壁紙の張替などがリフォームに該当します。

リノベーションと新築戸建は
どう違うの?

資産価値の目減りが少ないという特徴があります。新築住宅に比べ、価格が低く、購入後の価格下落も穏やかなのが中古住宅の特徴。リノベーション費用をかけても新築に比べリーズナブルに住まいを取得できるだけでなく、資産価値の目減りが少ないといえます。また、リノベーションをすることで価値が高まり、次世代へ優良なストックを引き継ぐことができます。

戸建住宅を新築で建てる、いわゆる注文住宅は、まっさらな土地にゼロから家を建てるということです。「土地の購入」「住宅の建築」という大きく2つのプロセスに分かれます。リノベーションは既に建っている中古住宅を購入して、構造的な部分、利用可能な部分をそのままに、それ以外を取り替える(つくりなおす、とっても過言ではありません)方法です。

費用については、リノベーションの方が安く抑えられる傾向にあります。 大きく分けると、新築の費用は「土地の価格」+「工事費」、リノベーションの費用は「中古住宅の価格(土地含む)」+「工事費」となります。リノベーションを行うような中古住宅のほとんどは築年数が古く建物の価値が低いため、「土地の価格」と「中古住宅の価格(土地含む)」はほぼ一緒になります。一方で「工事費」は、多くの場合リノベーションの方が安くなります。基礎や構造部分の工事が不要だったり、建材を再利用できたりするためです。そのため、トータルで見ると、リノベーションの方が費用を安く抑えられると思います。

立地については、どちらかといえばリノベーションの方が有利かと思います。条件の良い立地にはすでに家が建っている場合が多く、建物を取り壊して更地にしてから販売するよりも、建物が建ったまま中古住宅として売りに出される可能性のほうが高いと思われるためです。

リノベーション
住宅推進協議会とは?
船橋でリフォーム・リノベーションのことならC4デザインレーベル|C4 DESIGN LABEL

弊社が加盟しておりますリノベーション住宅推進協議会とはリノベーションによる既存ストックの性能や価値の再生・向上によって、住宅を求める生活者が、自分の価値観に合わせて、無理なく、自由な住まい選びができる市場をつくり、 その先に結実するストック型社会の到来により、地球環境にやさしく、「真に豊かな」住生活の実現に寄与するビジョンをかかげています。

リノベーションによる既存住宅の性能や価値の再生・向上によって、住まいを求める人が「じぶんらしく」「無理なく」「自由に」住まい選びができる市場をつくります。そして、地球環境にやさしく、真に豊かなくらしの実現に寄与してまいります。

本協議会は、リノベーションに関する技術や手法などの標準化、調査研究、会員に対する指導及び普及等の活動を行うことにより、既存住宅を安全快適でかつ多様化するニーズに対応した住宅に再生するリノベーション及び安全快適なリノベーション住宅の提供を図り、もって事業者の健全な発展と既存住宅の流通活性化及び消費者等の利益の保護に寄与する活動を行うことを目的とする協議会となります。

船橋でリフォーム・リノベーションのことならC4デザインレーベル|C4 DESIGN LABEL

一般社団法人
リノベーション住宅推進協議会は
こちら