旅の荷造りに最適!見直したい「風呂敷」の良さ

お正月の帰省など、旅行の機会が増えるこの季節。
家族全員分の旅支度は荷物の量も増えてしまいがち。
旅先での使いやすさを考えて、人別・用途別に荷物を小分けにされる方も多いと思います。
そんな時にぴったりなのが「風呂敷」。
本日は荷物の整理だけでなく、旅先の様々なシーンで活用できる便利な「風呂敷」についてご紹介します。

◎形も大きさも自由自在だから荷造り楽々!
旅行の目的や日数、そして季節によっても旅の荷物は量も大きさも変わります。
100均などで見かけるトラベル用の収納用品は荷物の整理に便利ですが、
容量が決まっているものがほとんど。
衣類をひとまとめにしたいのに、どうしてもセーター1枚が入らない!
なんて経験は多くの方が持っているのではないでしょうか。
風呂敷なら形も大きさも自由自在に変えられるので、そんな困りごととは無縁!
モノの量や大きさを気にせず、ジャンル別に簡単に荷物を分けることができます。
荷造りの際はキャリーケース内に先に風呂敷を敷いて、荷物を入れて行くのがオススメ。

ケース内のスペースに無駄なくパッキングすることが出来ます。
後から追加したい服が出てきても、風呂敷の結び目をほどいて置くだけで楽チン。
しっかり結べばわずかではありますが圧縮効果もあるので、コンパクトに収まります。

◎旅先でも使い勝手バツグン
家族の衣類などは、大きめの風呂敷に個人別にひとまとめにしておくと便利です。
風呂敷の上で荷物を広げれば何がどこにあるか一目瞭然。
小さなお子さんも簡単に自分で着る服を選ぶことができます。
更に優れているのが片づけやすさ。
風呂敷の真ん中に荷物を集めて包むだけの手軽さなので、ホテルのチェックアウト間近でも大丈夫!
時短にもつながります。
他にも、荷物の上から風呂敷をかぶせて目隠しにしたり、
お子さまのお着替えで敷物代わりにしたりと、滞在先で何かと便利に使えます。
ポリエステルなどの乾きやすい素材を選べば、旅先でもさっと手洗いできる気軽さも嬉しいポイントです。

◎つい増えてしまうお土産にも
旅からの帰り、駅や空港でつい購入してしまうお土産の数々。
キャリーケースとは別に紙袋をいくつも抱えての移動は大変です。
こんな時に活躍するのが大判の風呂敷。
お土産をまとめて風呂敷で包み、キャリーケースの持ち手に結びつけてしまえば、持ち運び楽々!
撥水加工された風呂敷を使えば、急な雨などにも安心です。

真四角のただの布だからこそ、汎用性の高い「風呂敷」。
使えば使うほど、古来愛されてきた理由がよくわかります。
デザイン性が高いものも多いので、普段は選ばないような色や柄で遊んでみるのも楽しいですよ。
お気に入りの一枚を見つけて下さいね。

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 上野 友香子
https://angeluxes.co.jp/

This entry was posted in 快適生活術 and tagged . Bookmark the permalink.