★トレーラーハウス★ 1

ご無沙汰です!

バリスタ 営業 MUNE です。

えっつ???

なんでバリスタかって、先日の当社恒例の座談会でサイフォンコーヒーを振る舞わせて頂いたからです。

座談会の様子はこちら

ドリップコーヒーは淹れたことあったんですが、サイフォンは初めてで、この日の為にキットを会社に持ち帰り

夜な夜な練習しました。

味が濃かったり( *´艸`)、豆が混じったり(。-`ω-)、木べらを犬にかじられたり Σ(゚Д゚)

いろいろ試行錯誤しながら、当然お世辞もあると思うのですが何とか美味しいと言って頂ける

サイフォンのコーヒーを振る舞うことができました!!!!!

何杯作ったんだろ??カウントしとけばよかった(~_~;)

前置きが長くなってしまいましが、今回のブログのテーマである

★トレーラーハウス★

についてコメントしたいと思います。

トレーラーハウスって一度は憧れますよね。アメリカ映画とかでよく出てくるし映画好きの自分にとっても

おしゃれなトレーラーで過ごしてみたいと思ったことがあります。

こんな感じのとか

かっこいい!!ここにサーフボードとギターとバイクを置いて\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あー、妄想しちゃいました。

こんなのもありますよ!

ちなみにトレーラーハウスという言葉自体は和製英で、英語ではモービル・ホーム(mobile home)、トレーラー(trailer)、ハウス・トレーラー(house trailer)、トレーラー・ホーム(trailer home)、サタティック・キャラバン(static caravan)などと呼称されているようです。
-Wikipedia-

設置にあたっての注意点

1.公的機関の発行する自動車証明書を添付する。
2.給排水、ガス、電気、電話、冷暖房等の設備配線、配管が脱着式(工具を使用せず取り外し可能な方式)である事。
3.車幅3200mm、車高4100mm、車長12000mmを超えない事。(国産の場合)
4.本体、もしくは側面デッキをボルト等で固定しない事。
5.随時、かつ任意に移動可能である事。

このように注意するべきところはありますが逆に、固定資産税が必要なかったりメリットもあります。

次回は、トレーラーハウスのメリットとデメリットを考えたいと思います。

This entry was posted in Blog, 営業Blog. Bookmark the permalink.