ランドセル収納は「動線上」に「置くだけ」が習慣化のコツ

4月に入り、入学したての新一年生を見かける季節となりました。
小さな体に大きなピカピカのランドセルを背負って通う子どもたちが可愛いですね。
入学とともに出てくるのが「ランドセルの置き場所問題」。
今回はランドセル収納を考える際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

●どこに置く?
1つ目のポイントは置き場所。
「ただいま!」と帰ってきてからすぐに置ける場所を定位置にしましょう。
遠かったり、奥まっていたりちょっとでも “めんどくさい” と感じる動作があると、
リビングや玄関にそのまま放り投げてしまう可能性大!子どもの帰宅後の【動線上】に置くことが鉄則です。

我が家は玄関からリビングに向かう動線上にワゴンを設置。
通り道にあることで、わざわざランドセルを置きに行く必要がない、というのが大きなポイントです。

●どのように置く?
2つ目のポイントは置き方。サッと取れてパッと戻せる【ワンアクション】じゃないと長続きしません。
フックにかけたり、棚にしまったり、やり方はいろいろありますが、
一番のおすすめはシンプルに「置く」という収納。棚やワゴンの上にポンっと置くだけ。
棚やワゴンが難しいようなら「ラグの上に置く」というのも一つのアイデア。
毎日定位置に戻すという習慣づけこそが大切。
子どもの性格や行動パターンにあった方法で、片づけのルーティーンを作ってあげましょう。

●我が家はIKEAのロースコグ
「置き場所」と「置き方」の2つのポイントをふまえて我が家が選んだランドセル収納は
IKEAのロースコグというキッチンワゴン。


※画像:イケアHPより

・キャスター付きで簡単に動かせる
・マグネットフックが付くので給食袋やコップ袋なども引っ掛けられる
・子どもが成長したあとも他の用途で使える
という特徴も決め手になりました。
実際に置いてみてもインテリアとのバランスもよく大満足です。

玄関からリビングに続く動線上に設置していることは上でもご紹介しましたが、
ここにはランドセルのほかに教科書・鉛筆けずり・ティッシュ・ハンカチ・マスクなども一緒に置いて、
そこで学校の準備が完結するようにしています。


キャスター付きなので移動も楽々。リビング学習するときなど、
ワゴンごとテーブルのそばに持ってくれば、教科書や学習用品がすぐに手にとれて便利です。
低学年のうちはリビングで、将来的に子ども部屋を作ったらそちらに移動、
という使い方もできてフレキシブル。6年間おつきあいするランドセル。
「ランドセルを片づけること」が毎日のルーティーンになるよう
「帰ってきた時の動線」と「置くだけ収納」をポイントに小さな「できた!」の機会を作ってあげてください。
毎日の積み重ねが子どもの自信にもつながって笑顔が増えること間違いなしですよ。

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 森本 智子
https://angeluxes.co.jp/

===

千葉県船橋市で注文住宅、新築戸建、最先端デザイン住宅、
リフォーム、リノベーション、店舗・オフィスデザイン、
デザインコンテナハウスはお任せ下さい♪

株式会社シーフォーデザインレーベル(C4 Design Label)

〒273-0005 船橋市本町7-12-23 藤井ビル3F
TEL:047-460-5545 FAX:047-460-5546

資料請求はこちら→ https://c4dl.co.jp/contact

===

This entry was posted in 快適生活術. Bookmark the permalink.