5月30日はごみゼロの日!この時期に片付けませんか?

日本では、年末の大掃除に片付けをする習慣がありますが、実は陽気がいい今の時期は片付けに最も適した季節!年末の慌しい時期に、憂鬱になりがちな掃除や片付けを行うより、体も動かしやすいこの季節にゆとりを持って行うことをお薦めします。

ごみゼロの日とオーガナイズウィークに片付けちゃいましょう!

ごみゼロの日は、ごみの減量化と再資源化で日本の美化活動を促すための記念日で1993年に厚生省(当時)が定めました。日本ライフオーガナイザー協会ではこの記念日にちなみ「オーガナイズの日」(日本記念日協会認定)を制定し、その前後をオーガナイズウィークとしています。年末ゆったり過ごすためにもオーガナイズウィークに部屋を片付けて今年後半スッキリとした暮らしを実現しませんか?

すっきりと片付けるには適材適所の収納用品が欠かせません

この季節、特にすっきりしたい場所として水まわりのキッチンの片付けもおすすめです。冷蔵庫やゴミ箱など、掃除も一緒に済ませてしまいましょう。とくに食品在庫の管理は3ヶ月〜半年に1回ごとに見直すと賞味期限も把握できます。食品在庫を把握することはごみゼロ運動にもつながりますね!
とくに、賞味期限がわかりづらいものに乾物や粉ものがありますが、カインズホーム「片手で開け閉めができる保存容器」に入れ物を変えるだけでも、中身が把握でき在庫管理画しやすくなります。蓋の真ん中にある取っ手を起こすと蓋が開くので、片手でラクに開け閉めが出来る優れもの。ゴムパッキンがついているので密閉性も高く、粉ものだけでなく、調味料のストックやお茶などにも便利です。サイズも大小揃っています。

「片手で開け閉めができる保存容器」http://www.cainz.com/shop/g/g4936695541305/

キッチンの片付け事例をご紹介

「ずっと片付けなきゃ・・のストレスから解消されました! と奥様の感想をいただいた事例です。暗く使いづらいキッチン。「片付いたキッチンで何をしたいですか?」の質問に、「んー、お料理好きじゃないし。だから、使っていないものも沢山あって・・」片付いたキッチンのイメージが湧かないまま始めた片付けでしたが、ご一緒に作業をおこなう中、ものに対しての思いをひとつひとつ語っていただきました。最後には色々思考が整理され、あまり料理をする気にならなかったのが、空間が整ったことで暮らしに対する興味が湧き、キッチンに立つのが楽しくなったそうです。
今回、収納用品は買い足さずに終わりました。食品在庫の管理もしやすくなり、使えていなかったお気に入りの食器も見つかり、それを使ったお友達とのランチ会も実現!生活スタイルに変化があるのがライフオーガナイズのいいところです。
そろそろお家を建てようかと考えている方!維持がしやすい家作りには片付け動線や在庫管理のしやすい収納方法など、意識して収納計画することが大切です。また、オーガナイズウィークにごみゼロにつながる暮らしもぜひ考えてみてください。

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 森下純子
http://www.angeluxes.net

This entry was posted in 快適生活術, Blog. Bookmark the permalink.