第四十一回 About C4DL コラム「サーファーズハウス オープンハウス」

新年あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年1回目は、四街道市に完成した、家具職人でありサーファーでもあるK様邸のオープンハウス、名付けて「サーファーズスタイルハウス」のご紹介です。今週末1月26日・27日の両日も同オープンハウスを行います!
**************************
比較的暖かかった1月19日・20日の両日、施主のこだわりにとことん寄り添い完成したK様邸のオープンハウスが行われた。入り口を入ると田上さんがお出迎え!

ウッドデッキのあるスタイルの平屋で、家具製作に没頭できるアトリエとしてのマルチスペースを設けること、ドアには自作のオリジナルドアを使うなど、C4DLのプラン「セミオーダー住宅」として完成した物件だ。

完成までの道のりは簡単なものではなかった。まず、「土地」が「市街化調整区域」
のため「都市開発を行わず、建物をむやみに建ててはいけないと定められた地域」だった。
 「市街化調整区域」内でも「40戸連単制度」(※詳細はオープンハウス展示スペースに!)があり、K様邸はその特例の条件が整ったことで建築許可が下りた。
だが、土地の形状は縦長だが施主の希望するサーファーズハウスが横長なので形状が合わない(本来道路に面した向きにウッドデッキが広がるのが理想)。施主はどうしても今回のタイプの家が譲れないとのことで、縦長の土地に合わせて作った場合の綿密なシュミレーションをし、そのデメリットなどもきちんと共有したという。
 
外壁の一部にはシダーシングル、防水シート、合板を一体化させパネルとして施工手間を省いた「ナチュレウォール」を使用。マルチスペースは清掃のしやすさも考慮してコンクリート打ちっぱなしにし、家具の展示スペースも想定。オープンハウスではこのマルチスペースがまさに資料の展示スペースになっていた。

次に、内装のこだわりについて紹介すると、家具職人の施主は古材を使いヘリボーン柄のオリジナルドアを作成していたため、ドアに合わせて大工が集成材を使って枠を作成した。さらにオリジナルはドアだけに留まらず、リビングテーブル、靴箱、洗面台など足場板を再利用したオリジナル家具も随所に。


ウッドデッキは、サーフボードなどのメンテができるように、リュクスウッドという水蒸気と高圧乾燥技術で作られた材料を使用。この材料は経年劣化が少なく、より外壁の色に近いグレーになってくるというからおもしろい。玄関内にウェットスーツを並べておけるコーナーも作り、敷石もバローネという石材を使用、目地の幅のサイズにも施主のこだわりがある。

リビングの天井は高く勾配があり、ウエスタンレッドシダーというアメリカ杉を使用、独特の香りが楽しめる。天井には標準仕様のハンターの「ビルダーエリート」というシーリングファンが設置され、照明も施主の気に入ったオリジナルセレクトランプが随所に輝きを放つ。吹き抜けにはデザイナー後藤さん提案の高窓が設けられ、そこから入る光が室内を照らし明るい。

「シーリングファンは世界的にも有名で100年以上歴史のあるハンター社のものを標準仕様にしています。もっと安価なものもあるけれど、自分たちはやはりそこにこだわりたい」と高橋さんは話す。あればいいのではなく、インテリアのひとつにしても、価値の裏付けられたものを選び抜いているということなのだろう。そこがC4DLのこだわりで、そのこだわりに共感できる人がここで家を作りたくなるに違いない。

ユニットバスにも施主のこだわりがつまっており浴室暖房喚起乾燥機が付き、全壁面が茶系のパネルで高級感が漂う。トイレ、洗面台、バスが一室にまとまり、洗濯機を置くスペースももちろんある。キッチンテーブルもオリジナルの手造りで、壁面のタイルはフラットではなくウェーブのあるものを使い、オシャレな印象。断熱材はグラスウールを使い断熱性も高く、この日もストーブだけで寒さは感じなかった。



このK様邸の建物本体価格が1,480万円(消費税別)というから驚きだろう。こだわりの2LDK+マルチスペース&ウッドデッキ。

今回後藤さんのカラーは控えめだが、C4DLは施主の要望にはとことん応えてくれることもよくわかった。そして、施主の要望を受け入れた場合にデメリットがあればきちんと説明し納得がいくまで話しをしてくれることも。もちろんアイデアを出し、提案をしながら、双方が納得し同じ見解を共有する。セミオーダー住宅という施主と施工主とのこだわりがきちんとマッチングし、腑に落ちた形で納得いく家が出来上がったことがよくわかるオープンハウスだった。

ウッドデッキに西陽が当たる時間までいられなかったが、ゆっくり西側から差し込んでくる光が建物を赤く染める光景が目に浮かんだ。

*********************************
次回は2月23日のIKEA Tokyo-Bayとのコラボワークショップ・イベントの報告をします。イケアの2階レストランで「ペットに優しい住まいとは?」をテーマに、ペットにやさしい素材や施工事例を紹介します。申し込みは下記ページにログインして、「ワークショップイベントを申し込む」よりアクセスしてください。
http://secure.family.ikea.jp/pc/semlist.php

株式会社フィット 大西でした。

This entry was posted in EVENT, C4DLコラム. Bookmark the permalink.