「建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き」

皆様こんにちは、事務アシスタントの中村です。
少しづつ春らしくなってきましたね♪

今日は意外と知られていない、でもお家作りで大切なことをお伝えします♪
家の工事はすぐにスタートしない・・・
まず、打ち合わせをして、プランニングして、設計図を書きます。
ココまでで1ヶ月弱、かかります。
その後、確認申請という法的な手続きをして、ようやく工事スタートの許可がでます。
確認申請とは建築確認申請のことで、役所・第三者機関に建てる家の設計図を提出して
この土地にこうゆう図面の家を建てます、という申請です。
この申請をして、許可をとっていないと住宅を建築することはできません。
違法建築になってしまうからです。
時間がかかる・・・裏方業務
この建築確認申請にも、それなりの時間がかかります。
イレギュラーなことや、特殊な造りだとさらに時間がかかります。
2ヶ月以上かかってしまうこともしばしば・・・。
建売やパッケージのような型が決まっているものだったら比較的スムーズですが
ゼロから設計する注文住宅。役所も前例がないことに慎重になります。
お客様が想像している以上に時間がかかります。
建築確認申請が受理されると、確認済証(かくにんずみしょう)が交付されて
ようやく建築工事に着手できます。
確認済証が出てから変更があるとそこからまたさらに時間がかかります。
工事がスタートできるとなっても工事する業者さんの都合・スケジュールもあるので
建築確認申請がおりたから明日からすぐに工事というわけにはいきません。
工事がスタートしたあと、建築確認中間検査、完了検査を経て、検査済証が交付されると
竣工(しゅんこう)、完成となります。
表立って見えないところで、建築工事に関する準備が必要だったり
時間がかかったりするのが家作りです。
なのでC4DLでは確認申請中、仕様を決めたりイメージをふくらませて
建築確認申請受理後1日でも早く工事ができるよう準備をしています。
それでもなかなかスムーズにいかないことも時々あります。
役所のことで足踏みするのは手が出せないのでとてももどかしいです。
でも家作りにとって大切なことなのでしっかり対応していきます。
時間に余裕をもって進めていきたいですね♪
消費税が上がる予定なので契約の期日もタイムリミットが近づいています。
焦って決めてほしくはないけれど、建てると決めたらゆっくりしてるのはもったいない!
しっかりご提案させていただきます!!

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.