IKEAのキッチンメリットとデメリット

皆さまこんにちは、事務アシスタントの中村です。
S様邸ハウジングフェスまであと2週間となりました♪
着実に完成に近づいてます♪
皆さまお楽しみに~!!
ハウジングフェス詳細→https://c4dl.co.jp/archives/9420.html

IKEAのキッチンショールームの面積は、とにかく広いのが特徴。
迷路みたいに曲がりくねった通路を辿りながら商品を見てまわれるようになっていて、
散歩感覚で気軽に楽しむことができます。親子連れや、デートで訪れるのもおすすめです。
ショールームはいくつかの小部屋にわかれていて、それぞれテーマが設定されています。
キッチン用品やツール、マットやクロス、ワゴンなどのグッズも一緒にディスプレイされていて、
実際に使っている様子をイメージしやすいですよね。
システムキッチンというと、使用する部材があらかじめ決められているケースがほとんど。
ところがIKEAの場合は、
「キャビネット」「脚」「ワークトップ」「引き出し・扉」「取っ手・ノブ」という具合に、
細部まで自由に選ぶことができます。それぞれを順に選んで行くという仕組みなので、
ショールームにはいろんな素材・カラーの機器が陳列されているわけです。

IKEAのシステムキッチンのレイアウトは、I型・L型・アイランド型の3種類。
I型とは、調理台やコンロ、シンクなどが横一列に並んだ日本でもおなじみのデザインのこと。
L型とは、コンロとシンクが90度の角度で構成されているキッチンです。
アイランド型は、調理台やシンクなどの機器のすべてもしくは一部が
壁面から離れているタイプのキッチンのことをいいます。
このうちもっともリーズナブルなのがI型で、
例えば幅250cmの「メトード&カッラルプ(METOD&KALLARP)」は202,100円。
L型だと、例えば幅289cm×奥行き209cmの
「メトード&ヒッタルプ(METOD&HITTARP)」で330,200円です。
アイランド型がもっとも高価で、
幅240cm×奥行き106cmの「メトード&ヴォックストルプ(METOD&VOXTORP)」が436,600円。
アッシュ無垢材を使った同じく幅240cmの
「メトード&トルハムン(METOD&TORHAMN)」で473,600円となっています。
※2019年8月23日現在の価格です※設備代は含まれていません※
●IKEAのシステムキッチンのレイアウトをみる
https://www.ikea.com/ms/ja_JP/METOD-kitchen/set_price.html

IKEAのシステムキッチンの最大のメリットは、自由度の高さにあります。
細部にわたって部材を自由にチョイスできるため、
自分好みのこだわりのキッチンを作ることが可能です。
キッチンをオーダーするような感覚を楽しむことができます。
デザイン性の高さも、IKEAのシステムキッチンの大きな魅力の一つ。
引き出しなどの収納を増やしたり、食洗機などの機器を設置したりしてカスタマイズしても、
本来のスタイリッシュなデザインが失われることがありません。
耐久性もメリットです。例えば、「メトード(METOD)」は25年の品質保証付き。
徹底したテストを実施し、耐荷重や耐熱などの面で高い品質が確認されています。
IKEAのシステムキッチンのメリットである自由度の高さは、逆のいい方をすると、
すべてお店に任せることができないということ。労力や時間を積極的にかける気持ちが必要です。
忙しくて部材を選ぶ時間がない人や、なかなか決められない人にとっては不向きかもしれません。
IKEAのシステムキッチンを購入する際、まずはショールームに足を運び、
各部材を実際に見たり触ったりして確かめてみましょう。
オリジナルキッチンのイメージを膨らませ、
間取りや家事のスタイルにあわせたレイアウトを選んでいきます。
その際、店頭にある端末を使ってシミュレーションするのもおすすめ。
ラフ図面を自分で作ってキッチンをプランニングし、見積もりを依頼します。
操作に不安がある場合も安心。スタッフが丁寧にサポートしてくれます。
また依頼をいただけばC4DLスタッフが同行してアドバイスもできます♪
1週間から10日ほどして見積もりが到着したら、施工店と施工日を決めます。
施工担当者とともに現場調査をすませたら、再度来店して部材を確認し、注文を行います。
商品が揃ったらお支払。6日から2週間ほどで商品が届き、施工となります。
IKEAのシステムキッチンの基本的な施工価格は、サイズによって異なります。
詳しくはこちら→
https://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/about-services/kitchen-planning/index.html#sec-1
IKEAで部材を選ぶ際は、システムキッチンだけでなく、
お部屋全体をコーディネートするつもりでいることが大切です。
部材を選んでいるときは、どうしてもシステムキッチンの組み合わせだけに目を奪われがちです。
すると、システムキッチンはバランスよくまとまっているのに、
お部屋から浮いてしまっているなんてことにもなりかねません。
お部屋全体を常にイメージしながら、部材を選ぶようにするといいと思います。
リフォームされるときも同様です。
どんなデザインが良いか迷ったときはご相談ください♪

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.