ガルバのお話

設計アシスタントの田上です!
12月に入り、徐々に気候が冬にシフトチェンジしてきましたね。体調崩されてはいないですか?
私は風邪で喉をゴリゴリに攻撃され、しばらくマスク生活が続きそうです(;_;)
でもこれからクリスマスやお正月、バレンタインなど冬は楽しいイベントが沢山!!
元気に乗り切っていきたいですね。

今日は「ガルバのお話」をしたいと思います。
ガルバはガルバリウム鋼板の略称で、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%から成るアルミ亜鉛合金メッキ鋼板です。
1972年にアメリカで開発され、現在では外壁材や屋根材として取り入れられ始めた注目素材です。

白い外壁の住宅が多い中、一線を画すように重厚感のあるシックなカラー。シビレます!シンプルでカッコイイ。

でも、肝心なのは性能ですよね。どういった特徴があるのか?他の外壁材とはどう違うのか?
最大の特徴は・・「軽い!安い!長持ち!」の3拍子が揃っている事です。(我々主婦が大好きな言葉)

メリット
①薄くて軽量
金属の板であるガルバですが、厚さが1㎜にも満たない製品もあり、一般的にガルバの屋根は日本瓦と比べると約1/6の軽さになると言われています。
屋根が軽くなると住宅の重心が下になり、地震にも強くなります。
②低価
ガルバは金属系サイディングの一種とも言えますが、サイディングのほうが初期費用(施工費)は安いです。
ただし、水洗いを定期的に行えば長持ちするため、ランニングコストはガルバのほうが優れています。
サイディングは10年程度で張り替えが必要になるため、長い目で見たらガルバの方が割安になると言えます。
③長寿命
これまで日本で使用されてきたトタンなどの鋼板に比べると、ガルバは耐食性や耐久性が格段にアップしており、20~30年もつと言われています。

デメリット
①衝撃に弱い
メリットにもありますが非常に薄いため、重いものが当たると凹みます。金属なので凹むと車のボディーのように凹みが目立ちます。
②施工費がかかる
メンテナンスが少ない反面、施工費が高くなってしまう場合があります。また、ガルバリウム鋼板自体には断熱性能が備わっていないため、断熱に関しては断熱材に頼らざるを得ません。
施工も他の金属と接触させないように気をつけたり(他の金属に接触すると錆びやすい性質を持っています)、湿気を逃がす工夫が必要だったりで大変な部分が多く、その分の工費がかかります。
③見た目に賛否両論
私個人はガルバのデザインは「かっこいい」「シンプルモダン」と感じますが、人によっては、「トタンみたいで安っぽい」「倉庫のよう」などと感じる人もいるようです。
(デメリットとは表現しましたが、施工主の方が気に入れば何の問題もないですね。)

弊社が設計したvery caseも、外壁はガルバが標準仕様となっております。
自分だけの、家族だけの特別なcaseをイメージして設計していますので、家の顔であるファサードにも「特別感」を感じて頂けるのではないかと思います。

 

少しでも、ガルバとvery caseに興味を持って頂けたらとても嬉しいです!気になって頂けたら、弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。
それではまた次回~!!

This entry was posted in Blog, 設計Blog. Bookmark the permalink.